気魄 〜剣道大三道場ブログ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 六段不合格記 その9 〜立合、日本剣道形〜

<<   作成日時 : 2018/12/08 14:56  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


《立合》
立合の様子ですが、最初からこれを打とうではなく、全ては稽古通りに攻めた末の打突と開き直るよう心がけました。結果、打たれた場面もありましたが、そこは気にしませんでした。Facebookをご覧になれる方は以下動画をご参照下さい。
https://www.facebook.com/100012854763790/videos/pcb.571986043239883/571982766573544/?type=3&theater

【一人目】
蹲踞から立ち上がり、構え、気勢を確認。そして一歩前に。

初太刀→右足を少しだけ前に出し、お相手の面の動作が見えたところを出鼻面。稽古通りにできました。

その後は数回の打ち合い

最後の打突→右足を前に出し、担ぐ面でお相手を引き出しながら打突を決めました。


【二人目】
蹲踞から立ち上がり、構え、気勢を確認。そして一歩前に。愚直ですが……拘りました。

初太刀→余裕が出来たせいか、右足を前に出す動作がスムーズに出来ました。お相手が出てきてくれたところで、出鼻面。

二本目→右足を前に出す動作で再度引き出し、出鼻小手。

その後は打ち過ぎとのご評価を先生方に頂いて大いに反省……。


《合格!そして日本剣道形》
画像


何度、この紙に発表されるのを夢見たか・・・。実技審査合格しました!!

画像


(注)日本剣道形審査会場は現在の審査では観客席に入れません。これは過去の写真です。

今まで未知の世界でしたが、実技審査合格後は直ちに剣道形の審査会場に誘導されます。名前を確認してもらい、新たな番号シールを受け取って待機します。

私の場合は午前中の前半の組でしたから第1会場から第8会場の合格者で百数名くらいでしょうか。これを12人一組に分けて、日本剣道形の審査が始まります。全員終わるまで待ちますので、ここはひたすら我慢。(合格発表後、形審査終了まで2時間近くかかったと思います。)

座礼や入場は係の先生が誘導してくれますので、剣道形に集中すれば良いです。但し全国審査はやり直しがきかないので一発勝負です。係の先生からは「ゆっくり落ち着いてやりましょう」と事前説明がありましたので、お相手とペースを合わせて行うと良いと思います。別に演武のようなレベルは要求されていない?と思うので、基本通りの剣道形がキチンと出来ていれば不合格になる事はありません。

私語は慎むべきですが、お相手と軽く「よろしくお願いします」「ゆっくりで大丈夫ですか」と会話を交わしたらお互いに緊張が解けて、普通に取り組む事が出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
六段不合格記 その9 〜立合、日本剣道形〜 気魄 〜剣道大三道場ブログ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる